• ホーム
  • 無許可・無承認の医薬品による健康被害

無許可・無承認の医薬品による健康被害

カプセルと紫の花

精力剤を活用している人は非常に多く、中には精力剤を効果的に利用できたことによって普段の生活が良いものへ変化したという人もいます。
日本という国は医薬品に対する規制が非常に強く、国内で認可されていない医薬品に関しては処方されることがありません。

しかしこういった規制は安全を守る反面、精力剤などで無許可・無承認の医薬品であっても利用してみたいという人にとっては、不自由さを感じるものであるのも事実です。
そのため現在では個人輸入業者を通じて海外から薬を輸入し、個人で使用しているという人が多くいます。
医薬品を個人輸入し、転売などをせずに使用する分に関しては問題が無いとされているために行われていることですが、しかしこうしたことにはさまざまなリスクもあり、特に問題となっているのが健康被害です。
例えば国内では流通していないような精力剤の中には、あまり知られていないような副作用を有しているものがあります。
医師がしっかりと成分をチェックすれば必要な対処法や、一日当たりの摂取量を決めることができるのですが、医薬品を購入する個人の全てがそういったことをできるわけではありません。

そしてさらに問題となるのが、薬の飲み合わせです。
医薬品には時として併用してはいけない医薬品が存在しており、中でも併用することで重大な健康被害が及ぼされるものは併用禁忌として指定がされています。
しかし個人輸入の場合は説明書なども海外の言語であり、また医薬品の名前も国内で流通している物とは異なることが多々あります。
そのため併用禁忌を確認しない、わからないというまま服用をしてしまい、最悪の場合命を落とす事故が引き起こされてしまいます。
先にも述べたように、個人輸入などで無許可・無承認の医薬品を服用することが禁じられているわけではありませんが、服用の際にはしっかりと医薬品の性質を調べ、自分の身を自分で守るようにしなくてはならないのです。

人気記事一覧
サイト内検索